【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-

亜麻仁油の注意点 フタはきっちりと締める!

「オメガ3」や「オメガ9」などの、青魚にも多く含まれている「必須不飽和脂肪酸」をバランス良く含み、毎日の料理にぜひ使いたい亜麻仁油ですが、使い方や保存法を間違えるとせっかくの栄養素も台無しになってしまいます。そこで、亜麻仁油に含まれる成分を逃がさないための保存法を勉強してみましょう。

油は、空気中の酸素と結合する特徴を持っており、酸素と結合すると「酸化」が始まります。たとえば、何回も使った古い油の匂いを思い出して下さい。料理で熱を入れているため、通常保存している時よりもはるかに速いスピードで酸化が進んでいるのです。このような使い古した油は、鼻をツンと突くような「嫌な匂い」がしますよね。これが、「油の酸化した匂い」なのです。

また、油が参加すると、匂いが悪くなるだけでなく、油の中に含まれている様々な成分も失われることになるんですね。とくに亜麻仁油は、酸化による成分の損失が大きいため、保存する際には「しっかりとフタを閉める」ということに注意しておきましょう。

私も亜麻仁油を愛用していますが、私が亜麻仁油を使った後には、「空気抜き」で瓶の中を真空にして保存しています。ワインをよく飲まれる方なら分かると思うのですが、瓶の口に差し込んで、「シュポシュポ」と空気を抜くグッズがあるんですよ。100円ショップで売っている場合もありますね。これを使うと、保存中のわずかな酸化も防ぐことが出来ますし、最後まで亜麻仁油の成分を逃がさないことが可能になるんですよ。

もし、空気抜きがなかった場合は、出来るだけフタを堅めに締めて、少しでも酸化を遅らせるようにしてください。せっかくのオメガ3などの成分を無駄にしてしまうことになりますしね。

[PR] 急な出費で借り入れをしたい人はコチラのサイトをチェック!



>>日本製粉グループがおけ届する人気No.1のアマニ油はコチラ!リピーター多数!<<


▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2015 【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?- All Rights Reserved.